■イタリア食堂 anello ちょっときれいな裏ヒロヤ?

 

天満の有名店、裏ヒロヤさん。

あの、デカ盛りボロボロイタリアンです。

 

www.skats.me

 

このお店は駅近人気店なので、ゴールデンタイムに行ってみるとかなり並ばないと入れないこともしばしば...

 

気温も寒くなる中1時間も並ぶのはつらい...

 

そんな時に行ってみて欲しいのが今回紹介する「anello」さんです!

 

 

天満と天六の中間地

 

アネロさんは裏ヒロヤさんの様に天満駅近ではないのですが、駅からは10分もかからないくらいのところにあります。

 

賑やかな天満市場のあたりを超えて、あかりも少なくなるかなりひっそりとした路地のあたりです。

f:id:ats-saka:20191016233214j:image

 

何を隠そう、anelloさんは裏ヒロヤさんの姉妹店なのですが、駅からは少し離れるだけあって、並ばないと入れないということはあんまりなさそうです!

 

豪快イタリアン

なんでも、シェフが裏ヒロヤさん出身とのことでアネロさんの料理もかなりの豪快っぷりがあります。

 

まずはビア。

ちょっと嬉しいサッポロがかなり嬉しい400円で。

 

そして本日のおすすめから「The キノコ」を。

f:id:ats-saka:20191016233240j:image

エリンギやらヒラタケやら色々なキノコがガリバタ炒めになっております。

 

キノコが苦手な人なら匂いだけでもつらい料理だと思いますが、キノコ好きには何ともたまらない一皿。

 

やはりキノコはガリバタとよく合います。

 

こちらは前菜の「ハマチのカルパッチョ」

f:id:ats-saka:20191016233303j:image

分厚いっ!

 

とびっこのプチプチ食感がアクセントになっていて、美味しいのですが、食べ応えありすぎて、もはや前菜とは言えないシロモノです...

 

野菜が食べたかったので注文した「トマトと生ハムサラダ」

f:id:ats-saka:20191016233328j:image

こちらもボリューム有りなのですが、先ほどの一皿に結構な量のサラダが乗っていたので、ちょっと野菜に飽きてしまいます。

 

 

引き続きのボリューミー

メインは「豚肩ロースのグリル」を頼んでみました。

f:id:ats-saka:20191016233355j:image

 

こちらも野菜たっぷり盛り..

もう野菜は要らないのですが、この緑と赤の配色がイタリアン感を醸し出す為に必須なのかもしれません。

 

野菜に埋もれてしまっていますが、豚は焼き加減もちょうどよく、美味です。

 

最後に注文したのは、「米ナスのグラタン」

f:id:ats-saka:20191016233414j:image

流石にこちらにサラダは乗っていないのですが、こんなにでかいナスがあるのかと。

 

一升瓶の底くらいの直径があります。

 

まあしかしナスとチーズもよく合うものですね。

ミートソースが間に挟まれていて、ボロネーゼ感のあるお味です。

 

まとめ

例によってまた注文しすぎてしまったわけなのですが、素晴らしいボリューム感を味わえました。

 

裏ヒロヤさんと同じく麦葡萄もメニューにありましたが、おなかいっぱい過ぎて飲むこともできず..

 

二人で行くなら、一旦頼むのは3皿くらいが良さそうです笑

 

あと、サラダまみれになってしまわない様にメニューは考えて選ぶ必要ありですね。

 

個人的には裏ヒロヤさんの方が好きかなとは思いましたが、かなり似た料理を楽しむことができますので、天満でイタリアンをお探しならぜひ行ってみてください!

 

デートでも、友達とでも、4人でも行けるお店です!

tabelog.com