梅田界隈食べ飲み歩きと音楽と

大阪の飲み屋さんと好きな音楽をご紹介!

■never young beach 「夏」感じるピースフルバンド

こんばんは!

 

ちょっと前ですが、先日はこちらのフェスに行ってきました!

ããã§ã¹ Qãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

今年初開催のインドアフェス「Q」

たまたま行った居酒屋にこのポスターが貼ってあって、久しくフェスも行っていなかったのですぐにチケットを取ってみました。

 

インドアフェスということで場所は神戸のワールド記念ホール。

 

カミングコーベとかも開催されている会場ですが、こちらに行くのも久しぶり。

しっとりとした出演者の面々はインドアにふさわしく胸が高鳴ります。

 

 

タイムテーブルはこんな感じで!

ããã§ã¹ Qãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

会場も一つなので、全てのバンドを見逃すことなくゆったりと楽しめる仕様です。

 

そんなインドアフェス「Q」のオープニングアクトを飾ったのが

「never young beach」です。

 

略してネバヤンですね。

ネバヤンは前から好きだったのですが、ライブを見るのは初めてで、

とても良かったので本日ご紹介させていただきます!

 

 

オープニングアクト!

フェスフードを買いつつギリギリオープニングアクトに間に合い、すぐさまネバヤンのライブが始まります!

 

このフェスはフェスと言いつつもしっかりと座席が用意されており、自席で立ってライブ鑑賞するスタイルです。

 

ããã§ã¹ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

こういうのを想像していましたが、さすがはしっとりフェスと言ったところです。

 

 

そんなこんなでライブが始まりますが、やっぱりネバヤン、声が良すぎです。

 

外でネバヤンのライブを見たこともありませんが、ホールに響き渡るような太い声です。

 

演奏のテンポはめちゃくちゃ早めですが、ライブとはそういうもんです。

原曲とはまた違った良さがありますね!

 

そんなネバヤン、どんなバンドかと!

 

never young beachとは

ãããã¤ã³ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

こんなかんじのなんとも海の似合いそうなピースフルなバンドです。

 

音楽のジャンルとしては、昭和歌謡混じりのピースフルなシティポップといったところでしょうか?

 

おしゃれな音楽なんだけれども、なんだか懐かしいような、ゆったりとした情景が思い浮かぶ、今回のフェスにもぴったりな音楽性のバンドです!

 

 

メンバーは5人なのですが、やっぱりギターを3人で弾くバンドはいろんなメロディが重なっていて聴いてて心地良いですね。

 

そんなネバヤンの、聴いたら海が思い浮かぶような曲がこちら。


never young beach - SURELY (official video)

 

リードギターが二人ならではのユニゾンが最高に気持ちいいですね〜

夏の訪れが待ち遠しくなるような曲です。

PVも楽しそうで、ハマっ子になってこんな日常を送ってみたいものです。

 

 

ボーカルの安部勇磨

é¢é£ç»å

 

なんともアンニュイなボーカルの安部さんですが、声が良すぎますね。

質の良い木管楽器のようなイメージですね。

 

そんなアンニュイなイメージを持ちつつライブを見てみたところ、全然イメージが違いすぎていい意味でびっくりしてしまいました。

 

MCはけだるい雰囲気など全くなくて、めちゃくちゃテンション高めの、いい意味であほっぽいかんじでした。

 

そんなMCが造りだす雰囲気も相まってライブもめちゃくちゃ良かったんだと思います...

 

あんまり動画には上がってないかと思いますが、ぜひライブを見にいってみてください!

 

 

ちなみに安部さんは俳優の高橋一生と兄弟だそうで、

見た目は全く似ていませんが、声はなんとなく似ているような気もします。

 

 

 

ということで、そんなネバヤンのライブはめちゃくちゃいいライブだったのですが、

やっぱりインドアではなくて、「サマソニビーチステージでビールを飲みながら見たい」欲がとても駆り立てられてしまいました...

 

最近はフェスにもよく出ているので、また夏にライブを見に行きたいと思います!

 

 

最後に、めちゃくちゃ破壊力あるPVのこちらも見てみて下さい!


never young beach - お別れの歌 (official video)

 

ではでは!